2009年02月16日

セル内改行 異聞

タックシール用に住所を出力する必要が出た。


印刷を住所録からは独立さる目的で、csvで出力して差し込み印刷でやってしまおう。わが県内は県名を印刷せず、他府県のみ県名を印刷しよう。


三四郎がセル内の改行をサポートしたので一太郎でも差し込み時にはサポートしてるだろ。印刷する時には県名だけを上部に印刷し、視認性をよくしよう。


というわけで、出力する際に


address:='東京都'+#10+'千代田区1-1';


こうすれば二行になるぜい。


結果は、#10は単に半角空白に扱われてしまいました。


おい


結局県名を独立して出力しましたとさ。

posted by ふう at 00:01 | Comment(0) | PC

2009年02月07日

表計算ソフト 三四郎のセル内改行

JustSystems の表計算ソフトがヴァージョンアップされた。三四郎2009になった

細かくやって儲けようというスタンスらしい。このヴァージョンからセル内の改行がやっとサポートされた。

マニュアルには「Alt-enter」で改行と書いてある。やってみると「Ctrl-Enter」でも改行された。

そこで何が起こっているかを確かめてみるために、一度csvにして読み込むと、改行が維持されている。何か特別な文字を書き込んでいそうだ。で、エディタで見てみると、A0が書き込まれていた。(「CTRL-J」(10番目))試しに文字列の途中で「Ctrl-J」とやっても改行された。

三四郎の外でデータを作り読み込ませる場合、セル内改行が必要であれば「Ctrl-J」を挟めばいいことが判る。三四郎内部の場合はchar(10)を挟むか、任意のセルで=char(10)(または空白セルでF2でAlt-Enterなどで改行だけのセルを作る)を作っておいて連結させると便利だ。

改行文字を削除する場合は、手作業でもできるが沢山ある場合は、三四郎の「置換」パネルの中で検索文字に「改行文字」を指定できる。それを使って一斉に書き換えれば済む。

三四郎など使っている人は少ないだろうが、それでも備忘として書いておこう。

posted by ふう at 14:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC

2008年02月14日

PCの使い方は決まっていない

C:のプロパティ



PCは使い方は決まっていない。住所録にもなるし、録音機にもなるし。
私の場合、そのほとんどがテキストを扱うものばかりだ。従ってデータ量も増えない。
住所録でも4000件ほどを扱うものなので、データよりはそれを扱うプログラムの方が大きいほどだ。

仕事で使っているデスクトップはハードディスクが40Gと小さいが、まだその半分も使っていない。
ノートは本来出先で使うために手に入れたので、中身はソフトがほとんどだ。
それでも一応のものは入っていて、双方とも開発環境まで入れてある。

画像や動画を山ほど入れるとしても、それを日常的に見ることはないはずで、さっさと外部に出してしまえば問題がない。

知り合いに、100Gを越えるHDDにもかかわらず残がMレベルまでになってしまっている方が、少なくとも二人はいる。

その某大先輩に整理を頼まれて中身を覗いたのだが、データだけでそんなに膨れあがるはずもないのに、実際に空き領域が少ない、起動も遅い。デフラグもできないのだ。目に付くものを削除してもさほど空き領域が増えない。出先で時間もなかったので、デフラグできる程度には増やしたが、なぜああなってしまうのか少し不思議だ。

スタートアップから不要と思うものを削除したら起動も少しは速くなった。
posted by ふう at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2007/02〜 ここに移動したのは 2010/04/02 by huu